日経コンストラクション 2016/08/22号

現場所長塾 失敗しない現場管理
第37回 近隣対応 ボランティアではない「地域協働」を実現
住民の関心を探って丁寧に対応する

 その取り組みは3種類に大別される。一つ目は、「情報発信」だ。住民に、工事の内容や地域協働を目指す姿勢を正しく理解してもらうことで不安を解消する。さらに、進捗状況を伝えることで、復興に向けて前向きな雰囲気を醸成しようという目的もあった。(72〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3306文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
【記事に登場する企業】
清水建設
update:19/09/27