日経ESG 2016/10号

特集 シェアリングエコノミー
圧倒的な利便性の破壊力
ライドシェア(ウーバー、リフト)など

 これからクルマを保有するというモデルが衰退し、全体のクルマの売上高は減るだろう。1台のクルマを多くの人で共有することになるからだ。しかし、クルマがより安く、使いやすくなることで人々がクルマを使う機会は増え、交通サービス市場自体は拡大してい…(26〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5092文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 シェアリングエコノミー(22ページ掲載)
シェアリングエコノミー
特集 シェアリングエコノミー(23〜25ページ掲載)
無駄嫌いのコスパ世代が後押し
特集 シェアリングエコノミー(26〜29ページ掲載)
圧倒的な利便性の破壊力
特集 シェアリングエコノミー(30〜33ページ掲載)
個人宅が世界の宿泊インフラに
特集 シェアリングエコノミー(34〜37ページ掲載)
もはや大量生産では勝てない
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
サービス・流通・生活・文化 > 旅客・運輸サービス > 旅客サービス
【記事に登場する企業】
米ウーバー・テクノロジーズ社
米リフト
update:18/07/23