日経ESG 2016/10号

論点争点 化学物質の情報伝達
「日の丸方式」を世界標準に 川中企業にメリット示せ
キヤノン 環境統括センター 所長 古田 清人氏 × 全国中小企業団体中央会 事務局次長 政策推進部長 及川 勝氏

化学物質の情報伝達製品含有化学物質の新たな情報伝達スキームが始まった。情報伝達ツール「chemSHERPA(ケムシェルパ)」を普及させ、国際標準を目指している。川下企業は、「サプライチェーンのすべての企業で利用しないと普及しない」と主張する。(44〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5124文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
update:18/07/23