日経ESG 2016/10号

技あり!統合報告に学ぶ
第12回 「米インテル」
手本とすべき報告書 SDGsへの貢献を各章に表現

 日本の統合報告書では、価値創造モデルや資本の概念などを盛り込む一方で、環境や社会などのCSR情報の開示を減らすケースが時折みられる。しかし、急ごしらえの価値創造モデルや資本の概念は、必ずしも投資家の投資を呼び込む情報にならない。むしろESG(環境…(68〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4193文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(環境)
【記事に登場する企業】
米インテル社
update:19/09/24