日経ドラッグインフォメーション 2016/09号

特集 高まる薬学部定員過剰論
高まる薬学部定員過剰論

2008年を最後に止まっていた薬学部新設が、再び活発化しつつある。薬剤師不足に悩む地元の期待は大きいが、一方で、各地の薬学部の定員割れは深刻で、学生のレベル低下を懸念する声は少なくない。新設の動向と薬学部の現状をリポートする。(25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:189文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 高まる薬学部定員過剰論(25ページ掲載)
高まる薬学部定員過剰論
特集 高まる薬学部定員過剰論(26〜27ページ掲載)
〔Part1〕 なぜ今、薬学部を作るのか 山口、和歌山、長野で設置計画進む
特集 高まる薬学部定員過剰論(28〜33ページ掲載)
〔Part2〕 レベルの低い薬学部は要らない 大学乱立の陰で薬剤師になれない学生急増中
関連カテゴリ・企業名
update:18/07/23