日経ビジネス 2016/09/19号

特集 サラリーマン終活 「定年後30年時代」の備え方
〔PART3〕 <現役時代はリハーサル> 向こう30年を直視せよ

 今から約40年前に出版された城山三郎さんの小説『毎日が日曜日』(新潮社)。激務の総合商社を舞台に繰り広げられる人間模様を描いたこの小説に、定年を迎えるある人物が登場する。 笹上丑松は早々に社内の厳しい出世競争に見切りをつけ、老後の資産づくり…(44〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2394文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 サラリーマン終活 「定年後30年時代」の備え方(28〜29ページ掲載)
サラリーマン終活
特集 サラリーマン終活 「定年後30年時代」の備え方(30〜35ページ掲載)
〔PART1〕 <「第2の人生」に潜む> 意外な3つの落とし穴
特集 サラリーマン終活 「定年後30年時代」の備え方(36〜37ページ掲載)
〔COLUMN〕 不安は募れど 備え手つかず
特集 サラリーマン終活 「定年後30年時代」の備え方(38〜43ページ掲載)
〔PART2〕 <備えあれば憂いなし> 「人生の楽園」実現の条件
特集 サラリーマン終活 「定年後30年時代」の備え方(44〜45ページ掲載)
〔PART3〕 <現役時代はリハーサル> 向こう30年を直視せよ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
サービス・流通・生活・文化 > 住まい・暮らし > 生き方
update:21/03/05