日経ビジネス 2016/09/19号

テクノスコープ
Technology File:035 鮮度保持輸送 国産食材、低額輸出の秘策(日本郵船、住友ベークライト、伊藤忠ロジスティクス、MARS Company)

 青果物の呼吸を抑える方法には、鮮度保持フィルムの袋を使うMA(Modified Atmosphere)包装と呼ばれる手法もある。国内の流通では、劣化の早い枝豆などの包装に既に使われている。 このフィルムの国内シェアトップが住友ベークライトだ。(112〜114ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4096文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 業務用機械・汎用機械 > その他(業務用機械・汎用機械)
サービス・流通・生活・文化 > 旅客・運輸サービス > 運輸サービス
【記事に登場する企業】
伊藤忠ロジスティクス
住友ベークライト
日本郵船
update:21/03/05