日経PC21 2016/11号

特集2 VBAで効率化 エクセルでプログラミング
〔実践編〕 エクセルの操作には「オブジェクト」を使用

 ユーザー定義関数のプログラムでは、セルの値などを直接変更する操作は、実行できないことが多い。しかし、マクロのプログラムの場合は、むしろそのような操作が中心となる。 VBAでは、セルなどの操作対象を「オブジェクト」として表す。(68〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5521文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 VBAで効率化 エクセルでプログラミング(60ページ掲載)
VBAで効率化 エクセルでプログラミング
特集2 VBAで効率化 エクセルでプログラミング(61ページ掲載)
〔総論〕 学んだ分だけすぐに役立つプログラミング
特集2 VBAで効率化 エクセルでプログラミング(62〜67ページ掲載)
〔関数編〕 エクセルに自分だけの“新しい関数”を作る
特集2 VBAで効率化 エクセルでプログラミング(68〜73ページ掲載)
〔実践編〕 エクセルの操作には「オブジェクト」を使用
特集2 VBAで効率化 エクセルでプログラミング(74〜75ページ掲載)
〔作例編1〕 エクセルだけで差し込み印刷を実現
特集2 VBAで効率化 エクセルでプログラミング(76〜77ページ掲載)
〔作例編2〕 選択した列数に表を組み替える
特集2 VBAで効率化 エクセルでプログラミング(78ページ掲載)
〔作例編3〕 各シートをそれぞれ別ブックに保存
特集2 VBAで効率化 エクセルでプログラミング(79ページ掲載)
〔コラム〕 VBAで用いる主なデータ型と定数
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
update:18/07/23