日経コンピュータ 2016/09/29号

効率を劇的に高める機械学習
第6回 目指すは「人工知能破壊」 仮説形成的推論スキルが有効

 一つは、コモディティー化している現状の人工知能技術、すなわち「いつでも、どこでも、誰でも使える人工知能」を前提として、新たな顧客価値の創造を目指す、というものだ。インターネットの存在を前提としたネットビジネスと、同じ要領だと言える。 もう…(102〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4494文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
update:19/09/24