日経ESG 2016/11号

特集 忍び寄る「水リスク」
〔経営の視点〕 本社が知らない水リスクは まだまだある

経営の視点日本でしか事業を展開していない企業でも水リスクとは無縁ではない。原材料や部品を海外から調達しているケースは多く、生産地が水不足の地域にあることも珍しくない。国内も例外ではない。(36ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1034文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 忍び寄る「水リスク」(22ページ掲載)
忍び寄る「水リスク」
特集 忍び寄る「水リスク」(23〜24ページ掲載)
〔動き出した日本企業〕 本社が知らぬ現場のリスク
特集 忍び寄る「水リスク」(25〜30ページ掲載)
〔リスクを把握し機会を創る〕 調査に一工夫、商機は海外に
特集 忍び寄る「水リスク」(31〜33ページ掲載)
〔先行する欧州グローバル企業〕 節水投資を成長の原動力に
特集 忍び寄る「水リスク」(34〜35ページ掲載)
〔CDPを活用する〕 投資家目線で自社を評価
特集 忍び寄る「水リスク」(36ページ掲載)
〔経営の視点〕 本社が知らない水リスクは まだまだある
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 水道・水事業の環境・エコロジー
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > 水道・水事業 > 水道・水事業の環境・エコロジー
update:19/09/24