日経ESG 2016/11号

論点争点 廃棄物処理法の見直し提案
ダイコー事件で規制強化 優良業者には優遇策拡充も
国立環境研究所循環型社会システム研究室室長 田崎 智宏氏 東京都環境局資源循環推進部長 谷上 裕氏

谷上 喫緊の課題として検討されているのが、廃棄物の越境移動の適正化に向けた措置です。廃棄物の越境移動は国際的にはバーゼル条約に基づき規制されています。一方、国内では廃棄物処理法とバーゼル法で規制していますが、2つの法律の規制が及ばない「すき…(40〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4777文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(環境)
【記事に登場する企業】
国立環境研究所
update:19/09/24