日経ESG 2016/11号

NISSANが挑むCO2ゼロ工場
省エネ診断チーム
年5万t減らす達人集団 リーマン危機で活動広げる

 NESCOができる前も工場では省エネ活動を展開していました。ただ、従来の診断は工場のエネルギー管理部署の社員が兼任する形で、しかも各担当者の経験に基づいて実施されていました。そのため、工場によって省エネの進展度合いにバラツキがあったのです。(72〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2855文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 環境・自然保護(車・機械)
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(車・機械)
【記事に登場する企業】
日産自動車
update:19/09/24