日経ESG 2016/12号

トレンド&ニュース 環境ビジネス
東芝撤退が示す植物工場の難しさ 再起図るベンチャーの一手

高コストの植物工場の野菜は、露地野菜との価格競争では勝ち目がない。かつて同じ失敗をした企業は、新たな販路に光を見いだす。半沢 智/本誌 東芝は、同社が運営する植物工場を12月末に閉鎖し、野菜の生産と販売を終了すると発表した。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1304文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 環境・自然保護(車・機械)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(車・機械)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > 第一次産業 > 農業
【記事に登場する企業】
東芝
update:19/09/24