日経ESG 2016/12号

リポート
ガラパゴス化するアスベスト分析法
国際標準を排除する動き 分析機関に広がる困惑

 日本における建材中のアスベスト分析法が“ガラパゴス化”の動きを強めている。41ページの表に示したように、建材中のアスベスト分析法は国際的には10〜40倍の実体顕微鏡と100〜400倍の偏光顕微鏡を組み合わせた「欧米式」が普及している。2014年には日本でも国…(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5891文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > 環境・自然保護(建設・不動産)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(建設・不動産)
update:19/09/24