日経ドラッグインフォメーション 2016/11号

特集 後発品をどう選ぶ 2016
〔Part.1〕 目指せ!数量シェア80%超 不動在庫はこう減らす

 どれを後発品に変更するかだが、取材した多くの薬局では、ある期間(例えば1カ月間)における「処方数量×薬価」が大きい先発品から優先的に切り替えていた。処方数量が多いと不動在庫リスクが低く、かつ後発品シェアを上げやすい。また、薬価が高ければ、変…(32〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4747文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 後発品をどう選ぶ 2016(31ページ掲載)
後発品をどう選ぶ 2016
特集 後発品をどう選ぶ 2016(32〜35ページ掲載)
〔Part.1〕 目指せ!数量シェア80%超 不動在庫はこう減らす
特集 後発品をどう選ぶ 2016(36〜37ページ掲載)
〔Part.2〕 「ここがいい!」 薬剤師が評価する後発品
特集 後発品をどう選ぶ 2016(38〜40ページ掲載)
〔Part.3〕 後発品企業ランキング 上位10社は変わらず
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 薬品
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:19/02/15