日経ESG 2017/02号

EMF特集
トップが語る2017年
環境/CSR経営インタビュー

 2017年度からの次期環境中期計画では、省エネにより一層力を入れる。パリ協定が発効し、CO2削減に対する社会の要請も強まっている。当社は生産量が減ったことによりCO2の総排出量は減っているが、原単位が悪化している。ここを改善しなければならない。(65〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:15588文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
【記事に登場する企業】
アサヒグループホールディングス
エイピーピー・ジャパン
エコスタイル
キリン
コスモエネルギーホールディングス
佐川急便
積水化学工業
積水ハウス
大栄環境ホールディングス
大和ハウス工業
日本コカ・コーラ
日本生命保険
富士通
リコー
update:19/09/24