日経ESG 2017/03号

論点争点 水素社会への期待と課題
「CO2フリー」水素に注力 海外巻き込み市場広げよ
デロイト トーマツ コンサルティング シニアマネジャー 尾山 耕一氏 × 日本エネルギー経済研究所 研究主幹 柴田 善朗氏

柴田 例えば日本企業が、海外で製造する水素を大量輸入する事業を検討しています。具体的には海外産の「褐炭」と呼ぶ石炭を原料として作った水素を輸入する計画ですが、水素製造時にCO2が排出されます。このCO2を回収して地下に圧入し、貯留することが検討され…(52〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5661文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > エネルギー事業の市場・業界動向
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー事業の市場・業界動向
【記事に登場する企業】
デロイト トーマツ コンサルティング
日本エネルギー経済研究所
update:19/09/24