日経ビジネス 2017/03/27号

時事深層 INDUSTRY
新型護衛艦の共同建造 窮地の三菱重工に恵みの雨か

 防衛装備庁が3月上旬まで受け付けていた「新艦艇の調達に係る企画提案」に三菱重工業とジャパンマリンユナイテッド(JMU)が応募した。三井造船も参加したもようで、国内で護衛艦の建造を手掛ける主要3社がそろい踏みした格好だ。 新艦艇とは政府が防衛大綱…(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1567文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 船舶
政治・経済・社会 > 政治 > 外交・防衛#
【記事に登場する企業】
ジャパンマリンユナイテッド
三井造船
三菱重工業
update:21/03/05