日経ビジネス 2017/03/27号

敗軍の将、兵を語る
もんじゅ廃炉は断腸の思い 青砥紀身氏 [高速増殖原型炉もんじゅ所長]

高速増殖炉原型炉「もんじゅ」の廃炉が昨年末、決まった。稼働から22年、事故や不祥事が相次いだ。発電しながら消費した以上の燃料を生み出す「夢の原子炉」と期待されたが、稼働したのはたったの250日。近年では点検漏れが頻発。(98〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3476文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > その他(経営危機・再建)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > 原子力発電
update:21/03/05