日経パソコン 2017/03/27号

特集1 高速SSD活用の極意
〔内蔵SSD交換編〕 導入のハードルは高いが効果は確実に見込める

 交換する作業の流れは図8の通り。SSDにUSB接続のケースかSATA-USB変換アダプターを装着してパソコンにつなぎ、HDDの内容をコピーしたら、内蔵のHDDを取り出して交換する。 なお、データ移行時に、HDDの実使用量がSSDの容量を超えていると複製できない(図9)。(34〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4156文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 高速SSD活用の極意(20〜21ページ掲載)
高速SSD活用の極意
特集1 高速SSD活用の極意(22〜23ページ掲載)
〔総論〕 格安PCにまで広がるSSD パワーアップにも最適
特集1 高速SSD活用の極意(24〜27ページ掲載)
〔Q&A編〕 安心して使うために知っておきたいSSDの基礎
特集1 高速SSD活用の極意(28〜29ページ掲載)
〔設定編〕 SSDを安心して使うため 押さえたい3つのポイント
特集1 高速SSD活用の極意(30〜33ページ掲載)
〔外付けSSD活用編〕 NAS、ディスク再生、OS起動 USBにつないでフル活用
特集1 高速SSD活用の極意(34〜37ページ掲載)
〔内蔵SSD交換編〕 導入のハードルは高いが効果は確実に見込める
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン・デジタルギア用記憶装置 > その他(パソコン・デジタルギア用記憶装置)
update:19/09/25