日経マネー 2017/05号

特集3 AI運用の未来
Q AI運用の広がりで何が起こりますか?

AI(人工知能)が株式投資などの運用をするようになると、どんなことが起こるのだろう。AIの技術進歩と金融実務の両方に詳しい、金融情報会社のRPテック取締役、櫻井豊さんに解説してもらった。(120〜123ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5867文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 AI運用の未来(116〜117ページ掲載)
AI運用の未来
特集3 AI運用の未来(118〜119ページ掲載)
データの解析・処理は質・量共に人間を圧倒
特集3 AI運用の未来(120〜123ページ掲載)
Q AI運用の広がりで何が起こりますか?
特集3 AI運用の未来(124〜125ページ掲載)
Q AIはデイトレーダーの敵か味方か
特集3 AI運用の未来(126ページ掲載)
個別銘柄の「市場予想」をAIが先取り
特集3 AI運用の未来(127ページ掲載)
「日時予測AI」、米大統領選で本領
特集3 AI運用の未来(128ページ掲載)
「深層学習」で半年程度先まで精度が向上
特集3 AI運用の未来(129ページ掲載)
〔COLUMN〕 「長期予想」や「突発事象」はまだ苦手
特集3 AI運用の未来(130ページ掲載)
「AIが探すテーマ」が基準の70銘柄ETN
特集3 AI運用の未来(131ページ掲載)
「AI関連銘柄投信」の資金流入が急増
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > その他(金融・保険)
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
update:19/09/27