日経トップリーダー 2017/04号

星野佳路のファミリービジネス研究会
第12回 サイボクハム・笹崎静雄社長と考える「カリスマとの対峙」
30年以上かけた異色の権限移譲 孝行息子を支えた父の威厳

第12回 事業承継には大抵、「決定的瞬間」があります。経営の実権が、先代から後継者に完全に移る瞬間。円満に進むケースもあれば、親子が対立し、雌雄を決する場合もありますが、いずれにせよ先代が、経営権を手放す覚悟を決める瞬間がある。(48〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5037文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営論
update:19/09/24