日経トップリーダー 2017/05号

破綻の真相
〔特別版〕 手は打ったのに、なぜ破綻? 甘い計数管理が分かれ目に

──改革を進めるには、既存事業の人員・資金の多くを新規事業に移すくらい、経営者の強い覚悟・決断が不可欠だろう。老舗宝飾品メーカーの平和堂貿易(16年10月自己破産)も、展示会や百貨店向けの販売で一時代を築いたが、20年ほど前から失速した。以来、ネッ…(80〜84ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6328文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
【記事に登場する企業】
大山豆腐
シンエイ
テラマチ
日食
update:19/09/24