日経ESG 2017/06号

提言
伊坪 徳宏 東京都市大学 環境学部教授 同大学院環境情報学研究科長
LCA一本化進める欧州 日本も政策で大胆活用

 欧州委員会はライフサイクルアセスメント(LCA)を活用すべく野心的な活動をしている。気候変動、酸性化、水資源の枯渇、土地利用など14種類あるLCAの環境負荷指標を一本化する取り組みだ。統一指標になる可能性が高い。(5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1297文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
【記事に登場する企業】
欧州委員会(EC)
東京都市大学
update:19/09/24