日経ESG 2017/06号

特集 ゴミ分別、省エネは死語になる? 「グリーンAI」起動
〔リサイクル〕 さらば「3K職場」

リサイクル廃棄物の種類を識別して選別するAIロボットが、日本に初上陸した。導入したシタラ興産は、省人化と処理能力向上を実現し、企業変革にまい進する。 様々な材質が混ざり合った廃棄物がベルトコンベヤーに流れる。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2595文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 ゴミ分別、省エネは死語になる? 「グリーンAI」起動(22〜23ページ掲載)
ゴミ分別、省エネは死語になる? 「グリーンAI」起動
特集 ゴミ分別、省エネは死語になる? 「グリーンAI」起動(24〜25ページ掲載)
〔環境業務に変化の兆し〕 「不可能」が「当たり前」になる
特集 ゴミ分別、省エネは死語になる? 「グリーンAI」起動(26〜27ページ掲載)
〔リサイクル〕 さらば「3K職場」
特集 ゴミ分別、省エネは死語になる? 「グリーンAI」起動(28〜29ページ掲載)
〔食品ロス対策〕 「お天気任せ」から脱却
特集 ゴミ分別、省エネは死語になる? 「グリーンAI」起動(30〜31ページ掲載)
〔ゴミ焼却〕 炎を見る「職人の目」をAIに
特集 ゴミ分別、省エネは死語になる? 「グリーンAI」起動(32〜33ページ掲載)
〔ビル・住宅の省エネ〕 「こまめな消灯」要らず
特集 ゴミ分別、省エネは死語になる? 「グリーンAI」起動(34〜35ページ掲載)
〔工場の省力化〕 AI搬送でレイアウト変更不要
特集 ゴミ分別、省エネは死語になる? 「グリーンAI」起動(36ページ掲載)
〔経営の視点〕 「グリーンAI」活用で環境の仕事が変わる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
【記事に登場する企業】
シタラ興産
update:19/09/24