日経トップリーダー 2017/06号

大事凡事
第18回 小泉進次郎と純一郎と小林虎三郎の間にあるもの 「こども保険」構想が持つ夢と不安

 虎三郎の意志は、こう読めるだろう。百俵は教育という事業に替えれば、将来世代が享受できる資産になる。それを今消費してしまうことは、文字通り資産の先食いである。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2550文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
update:19/09/24