日経ビジネス 2017/06/12号

スペシャルリポート
GPIFの深い悩み 年金、運用改革の限界 好調の裏に潜む不安

 独立系ヘッジファンドのファンドマネジャー、原田謙介氏(仮名)は、名古屋鉄道の株価がするすると上がっていくのを見て、いったん空売りを仕掛けようと考えたが、結局思いとどまった。「株価上昇の原因はGPIFなど公的資金の買いだろう。売り向かうのは得策…(48〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8894文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・税金#
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治#
【記事に登場する企業】
年金積立金管理運用独立行政法人
update:21/03/05