日経コミュニケーション 2017/07号

特別レポート
携帯電話の実効速度問題を斬る
下りはドコモ最速、上りはソフトバンク 格安スマホは総務省の実証実験待ち

 携帯電話大手3社は総務省ガイドラインに基づいた実効速度の計測に当たり、相当な労力を費やしている。計測場所は全国10都市の1500地点に達し、調査に2カ月程度かかる。 総務省ガイドラインで規定する主な計測条件は以下の通り。(32〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8925文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > 携帯電話・PHSサービス*
通信・ネットワーク・放送 > 通信・ネットワーク・放送市場・業界動向 > 通信事業者の市場・業界動向
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 通信事業者の市場・業界動向
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
KDDI
総務省
ソフトバンク
update:19/09/26