日経ESG 2017/08号

提言
松井 孝典 大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 地球循環共生工学領域 助教
AI活用が企業の強みに SDGs貢献の評価にも

 環境分野で人工知能(AI)を活用する「グリーンAI」の研究が進んでいます。エネルギーや気象予測などでは、すでに実用化の段階に入っています。現在は、生物多様性の保全、外来種の拡散防止、耕作放棄地の解消など、一見するとコンピューターが入り込めない…(5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1254文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
情報システム > 情報工学 > 人工知能
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
【記事に登場する企業】
大阪大学
update:19/09/24