日経ESG 2017/08号

技術フロンティア
食品廃棄物を使うバイオガス発電
焼酎かす、うどん、豆腐 コストも下がり一石三鳥

 「バイオガス発電は、イモ焼酎作りに欠かせない工程」と、霧島ホールディングス経営計画室顧問の黒木尚之氏は話す。「黒霧島」「白霧島」など全国で人気を集める焼酎などを製造、販売する霧島酒造は、製造工程から出るサツマイモのくずや焼酎かすを使って発…(58〜60ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4118文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > エネルギー事業の環境・エコロジー
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー事業の環境・エコロジー
【記事に登場する企業】
霧島酒造
update:19/09/24