日経ESG 2017/08号

ヨーロッパ環境最前線
第17回 米国の転換、ドイツの見方
トランプ氏のパリ協定離脱 市場の流れは変わらない

 「米国は、パリ協定からの離脱宣言により、歴史的な合意を弱体化させ、各国の地道な外交交渉の成果をないがしろにした。米国の信用性は地に落ちた。米国の世紀はこれで完全に終わったことになる」。(78〜79ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2596文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > エネルギー事業の市場・業界動向
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー事業の市場・業界動向
update:19/09/24