日経ESG 2017/08号

NISSANが挑むCO2ゼロ工場
最終回 究極の省エネ
材料費、人件費と一緒に削り「ありたい姿」に近づける

最終回 1個の部品を作るのに最小限必要なエネルギー使用量を求める試みを始めた。エネルギーの無駄遣いを減らすだけでなく、理論上の最適値に近づける。岸 雄治/日産自動車 環境エネルギー技術部 エキスパートリーダー 日産自動車の省エネ診断専門チーム…(88〜89ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2783文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
【記事に登場する企業】
日産自動車
update:19/09/24