日経マネー 2017/09号

関大介のREITウオッチ
第40回 4%超え銘柄が急増 長期投資も有力選択肢に

 長期投資が選択肢となる理由として、まずREITの増配基調が続く可能性が高い点が挙げられる。前述の通りREITの利回りは13年9月以来となる4%超えの水準にある。しかし、13年の東証REIT指数は今より低い1300ポイント台前半だ。(162ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1636文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 不動産事業 > その他(不動産売買)
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > その他(金融・保険)
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
update:19/09/27