日経トップリーダー 2017/09号

特集2 社長の見た目は会社の見た目
会社をアピールするための服選びのツボ

社長の装いには、会社の哲学やブランドイメージを伝える大事な役割がある。「しかし、それ以前に典型的なNGコーディネートをしている社長が少なくない」とスターブランドの村尾氏は指摘する。それは「大きめのサイズのスーツ」「柄物のネクタイ」「白いシャツ」の3つを組み合わせたものだ。(72ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1234文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 社長の見た目は会社の見た目(67ページ掲載)
社長の見た目は会社の見た目
特集2 社長の見た目は会社の見た目(68〜69ページ掲載)
なぜ小さな会社ほど社長の見た目がものを言うのか
特集2 社長の見た目は会社の見た目(70〜71ページ掲載)
ネズミ色のスーツを捨てたら会社の魅力が伝わった
特集2 社長の見た目は会社の見た目(72ページ掲載)
会社をアピールするための服選びのツボ
特集2 社長の見た目は会社の見た目(73〜74ページ掲載)
社長自ら変わる姿が言葉以上に社員を動かす
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > マネジメントスキル
サービス・流通・生活・文化 > ファッション・衣料 > ファッション
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > マネジメントスキル
update:18/08/06