日経トップリーダー 2017/09号

破綻の真相
創業時に築いた事業モデルに依存 6分の1に縮む市場と競合に屈す
装いの道 着物教室の運営、呉服・和装用品の販売

着物教室としてトップクラスの知名度を誇り、50年以上の実績があった 装いの道(東京・文京、登記上は東京・千代田)が2017年4月14日、民事再生法の適用を東京地方裁判所に申請。負債総額は約11億円だった。 呉服市場の縮小やライバルの台頭が進む中、有効な対抗策を打ち出せなかった。(90〜92ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3251文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
サービス・流通・生活・文化 > ファッション・衣料 > 衣料
【記事に登場する企業】
装いの道
update:18/08/06