日経ビジネス 2017/10/09号

時事深層 POLICY
介護保険「総報酬割」導入が直撃 また負担増、苦境深まる健保組合

介護保険料の負担に導入された「総報酬割」で、企業の健康保険組合の財政が一段と悪化している。賃金の高い企業ほど労使双方の保険料が増え、中小では国庫からの補助が削減された。高齢化による医療費給付も増えており、保険料率引き上げや健保組合解散の動…(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1642文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・税金#
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
update:21/03/05