日経ビジネス 2017/10/23号

時事深層 AI活用最前線
[4] セコム 群衆から不審者を自動検出

 AI(人工知能)の活用が期待されている分野の一つに、画像認識がある。この分野で約20年の経験を積んできているのが、セキュリティー大手セコムだ。同社の開発センター長、進藤健輔執行役員は「カメラやセンサーから膨大な情報を得られるようになり、AIによる…(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1387文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報工学 > 人工知能
政治・経済・社会 > 社会 > 事件・犯罪・防犯
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
【記事に登場する企業】
セコム
update:17/10/30