日経ビジネス 2017/10/30号

特集 最強「社会インフラ」 コンビニ大試練
〔PART1〕  「24時間営業の掟」ついに破られた!!! 揺らぐ成功モデル

「もう事業として成立しない。店をたたむしかない」。西日本でセブンイレブンを経営する加盟店オーナーの男性が近く廃業することを決めた。開店からしばらくは1日の平均売上高(日販)が65万円に達していたが、過去数年だけで徒歩圏内にコンビニが3店開業。(26〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12792文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

この特集全体
特集 最強「社会インフラ」 コンビニ大試練(24〜25ページ掲載)
最強「社会インフラ」 コンビニ大試練
特集 最強「社会インフラ」 コンビニ大試練(26〜33ページ掲載)
〔PART1〕  「24時間営業の掟」ついに破られた!!! 揺らぐ成功モデル
特集 最強「社会インフラ」 コンビニ大試練(34〜37ページ掲載)
〔PART2〕 共同配送、POSシステム、自前の銀行設立 コンビニは革新者だった
特集 最強「社会インフラ」 コンビニ大試練(38〜39ページ掲載)
〔INTERVIEW〕 「コンビニの今後」3社でこんなに違う!
特集 最強「社会インフラ」 コンビニ大試練(40〜41ページ掲載)
〔PART3〕 インフラであり続けるために革新を コンビニがやらねば誰がやる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > コンビニエンスストア
【記事に登場する企業】
セブン-イレブン・ジャパン
ファミリーマート
ローソン
update:17/11/06