日経ビジネス 2017/10/30号

スペシャルリポート
疲弊する携帯電話販売店 弱肉強食に高まる反発

携帯電話市場の成熟や格安スマホの台頭で、販売店の競争が激化している。大手通信会社は販売店を選別する営業政策を強化、身内同士の「弱肉強食」も進む。複雑になる商品説明、深刻化する人材不足……、重くなる現場の負担をどう解消するか。(44〜48ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7246文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる324円
買い物カゴに入れる(読者特価)162円
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > 携帯電話機
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > 携帯電話機
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > 携帯電話機
update:17/11/06