日経ビジネス 2017/10/30号

テクノスコープ
Technology File:088 アンモニアの発電利用 石炭を代替する“水素長者” (中国電力、東北大学、京都大学、ノリタケカンパニーリミテド)

水素を多く含み、燃えても二酸化炭素を排出しないアンモニア。腐食性などが課題だったが、技術革新でこの「水素長者」が燃料として使えるように。石炭火力発電所や燃料電池などで、既存エネルギーを置き換える動きが出始めた。(74〜76ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3777文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 発電機
車・機械・家電・工業製品 > 業務用機械・汎用機械 > 発電機
第一次産業・エネルギー事業・水事業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
【記事に登場する企業】
京都大学
中国電力
東北大学
ノリタケカンパニーリミテド
update:17/11/06