日経ビジネス 2017/10/30号

賢人の警鐘
「何かを隠しているという疑念を払拭できなければ不祥事は解決できない」 英エコノミスト誌 元編集長 ビル・エモット

人は誰でも間違いを犯す。起こしたミスについて深く反省することは大切だが、それ以上に重要なのは、ミスから何を学び、どのように次に生かしていくか、にある。その本質は、どんな企業組織であっても変わらない。(140ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1656文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
【記事に登場する企業】
神戸製鋼所
update:17/11/06