日経パソコン 2017/11/27号

特集1 日本語入力の大研究
Part.4 辞書を使いこなす

変換候補を自分で登録。名前などの特殊な漢字は一度で変換できないことも多い。「単語の登録」機能でIMEに登録すれば、変換候補として表示されるようになる。単語といっても、60文字までなら文章の登録も可能だ。登録したい文字列を選択してから「単語の登録」を起動すれば、「登録する文字列」を入力する手間を省ける。変換する際の読みがなや品詞を指定して登録する。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2084文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 日本語入力の大研究(20〜21ページ掲載)
日本語入力の大研究
特集1 日本語入力の大研究(22〜23ページ掲載)
Part.1 今すぐ使える基本テク
特集1 日本語入力の大研究(24〜27ページ掲載)
Part.2 入力・変換のコツ
特集1 日本語入力の大研究(28〜29ページ掲載)
Part.3 難読漢字や記号を入力
特集1 日本語入力の大研究(30〜31ページ掲載)
Part.4 辞書を使いこなす
特集1 日本語入力の大研究(32〜35ページ掲載)
Part.5 使いやすい環境設定
特集1 日本語入力の大研究(36ページ掲載)
Part.6 「困った」を解決
特集1 日本語入力の大研究(37ページ掲載)
Part.7 厳選 ショートカットキー
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > その他(パソコン用ソフト)
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
日経パソコンEdu用記事(非表示) > 超便利!実用ソフト大全 > 日本語入力の基本と便利技
update:19/09/25