日経パソコン 2017/11/27号

5分で分かる!ビジネスメール
営業メールは無視? 断り方はどうする?

ある日の昼下がり、代表アドレス宛てに届いた一通をきっかけに、営業メールへの対応や断り方を話し合う平野所長と直井研究員。営業は無視してよい? 代表アドレスや問い合わせフォームなどからの営業はあり? 直井研究員(以下、直井):代表アドレス宛てに営業が来ました。セミナー集客の提案のようです。 平野所長(以下、平野):さっき届いた営業メールのことだね。内容を読んだところ、うちは必要なさそうなので直井さんから断ってください。(105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1873文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
日経パソコンEdu用記事(非表示) > 情報倫理・著作権を学ぶ > メールの作法
update:19/09/25