日経ESG 2018/01号

ケーススタディ環境経営
住友商事 バイオマス発電のトップランナー

 営業運転を開始したばかりの半田バイオマス発電所は技術やノウハウが積め込まれた最新鋭の発電所だ。その運営を担うのが、住友商事が100%出資して2012年12月に設立されたサミット半田パワー(愛知県半田市)である。発電出力7万5000kWは木質バイオマス専焼とし…(62〜64ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3521文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > エネルギー資源・燃料
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > エネルギー事業の環境・エコロジー
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー資源・燃料
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー事業の環境・エコロジー
【記事に登場する企業】
住友商事
update:19/09/24