日経パソコン 2017/12/25号

Wordで作る 数式入り配布文書
最終回 数式を作図や文書の装飾に利用する

数式を図版に組み込んだり、文書のアクセントに使ったりする方法を紹介する。日付などの定型文字も表示して、文書を完成させよう。数式を用いる文書では、数学の定義などを図解することも多い。Wordには図形を描く「描画ツール」が備わっていて、大抵の図版を作成できる。もちろん数式を組み込むことも可能だ。作例では、三角比の定義に添える図版を作成しよう。(65〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5602文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > ITスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ITスキル
日経パソコンEdu用記事(非表示) > Officeソフト入門&活用 > 見栄えの良いWord文書を作る
update:19/09/25