日経コンストラクション 2018/01/22号

現場所長塾 失敗しない現場管理
第47回 近隣対応 住民と信頼関係築き早朝工事認めてもらう
騒音・粉じん対策の徹底で不安取り除く

住宅地に近接した下水処理場の建設工事。住民と発注者との事前の取り決めで、工事現場のゲートの開門は午前8時以降と制限されていた。しかし、それを守るには、短時間で土砂を搬出するために車両台数を1.5倍に増やす必要があり、逆に渋滞や騒音が増えてしまうことが分かった。(78〜80ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3096文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
【記事に登場する企業】
戸田建設
update:19/09/27