日経アーキテクチュア 2018/02/22号

トピックス
検証・世田谷区庁舎プロポ
「保存議論」を応募者に投げる手法に戸惑いも

前川國男建築の存廃を応募者に問う形となった東京・世田谷区庁舎プロポーザル。当選した佐藤総合計画は、区民会館のみの保存再生を提案した〔図1〕。上位案のうち資料提供が得られた2案から、選定過程を振り返る。(66〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5224文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建設・建築 > 商業建築設計・デザイン
【記事に登場する企業】
佐藤総合計画
update:18/08/06