日経トップリーダー 2018/03号

実例に学ぶ財務ヂカラ
はれのひの「危機」は3年前から分かっていた

「成人式を台無しにし、取り返しのつかないことをした」 成人式の1月8日に営業を突然停止し、顧客が振り袖を着ることができなくなるという事件を起こした振り袖販売・レンタル業、「はれのひ」の篠崎洋一郎社長は同26日夜、事件後初めて開いた記者会見でこう謝罪した。だが、実際には業績が悪化しながら営業停止直前まで契約を取り続けており、会見で「詐欺ではないか」と問われると、「必死で営業をかけていた。そのつもりはなかった」と“強弁”した。(52〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2503文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この連載全体

実例に学ぶ財務ヂカラ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
政治・経済・社会 > 社会 > 社会問題
update:18/08/06