日経トップリーダー 2018/03号

心が折れない経営者のつくり方
継いだ会社が25億円の債務超過でも復活

経営者の精神が極限状態に追い込まれるとどうなるのか。そこからどう脱するのか。居酒屋チェーン社長が実体験から語る新連載。 私は、神奈川県の横浜市や鎌倉市で海鮮居酒屋「七福(しちふく)」などを14店舗展開している湯佐和(ゆさわ)という会社の社長です。今でこそ会社は実質、無借金になりましたが、1999年に急逝した父から継いだときは最悪でした。継いだ後に会社が25億円の債務超過で、事実上の経営破綻状態だと分かったからです。(57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1392文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
湯佐和
update:18/08/06