日経トップリーダー 2018/03号

高収益体質エクササイズ
第19回 手形は「裏書き」と「割引」とどちらが得?

前回、支払手形をなくすと会社は儲かるというお話をしましたが、今回も手形をテーマにしたいと思います。受取手形は裏書きしたほうがいいか、割引したほうがいいか、どちらが会社に利益をもたらすでしょうか。まず、それぞれのメリットとデメリットを理解することが大切です。手形を裏書きした際のメリットは、銀行に割引料を取られないので、その分、多くの現金が会社に残ることです。(60ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1155文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
update:18/08/06